借りたお金は返す|キャッシングの便利な使い方【返済方法など正しく知っておこう】

お金を借りられるキャッシングの返済方法は自分に合わせる

負担にならないようにするために

一時的にお金を借りられるキャッシングサービスは、返済方法を自分で決めることができます。銀行振り込みまたは引き落とし、ATMなどで返済できます。それに、返済日だって自分の都合に合わせることができます。利用者が便利に使えるように考えられているので、借りる側も自分の負担にならないようにすることが大切です。以下、負担を抱えない為にお金を借りる方法をまとめてみました。

負担が重くならないキャッシング利用の仕方

  • 借り入れた金額は忘れないようにきちんと覚えておくことが大事。
  • キャッシングの利用時は目的を明確にしてそれ以外に使わないようにする。
  • いつかは全額返すことを目標にしてだらだらと借りて生活することをしない。
  • キャッシングで借りたお金を何に使ったのかも残しておく。
  • キャッシングで借り入れたお金は自分の財布から出たお金じゃないことを自覚。
  • 返済が自転車操業にならないように収入に見合った金額を借りる。
  • 普段からキャッシングのカードを持ち歩かない。
  • 複数の会社からキャッシングすることは避けること。
  • 返済と思った時はすぐにキャッシングの業者へ連絡する。
  • カード1枚でお金を借りられることに甘えないこと。

借りたお金は返す

男の人

自分のお金ではなく借りたお金だと自覚する

人によっては、キャッシングで借り入れたお金が自分のものだと思っている人がいます。しかし、あくまでも業者から借りているお金です。決して自分のものになったわけではないので、自覚することが大切です。カード1枚あれば、簡単にお金を手にできるサービスですが、こういったことを自覚しておかないと後悔することに繋がるので要注意です。

返済方法を決める時は自分の都合に合わせる

キャッシングの返済方法は、業者がいくつか提案してくれるので、自分の生活に支障が出ない方法を選ぶようにしましょう。例えば、35日周期の返済か自分で返済日を決められる返済方法があるとします。35日周期での返済方法は、ちょっとずつずれていくので場合によっては、返済日を忘れてしまうことがあります。しかし、自分で返済日を決められる方法なら自分の都合に合わせられるのでおすすめです。

法律についても少し知っておくといい

キャッシングに関係する法律があります。この法律のことを把握しておくことで、金利の設定は正当なのか、国に認められている業者なのかを把握できます。昔は、法外な金利を設定しているところもありましたが、現代だと法律によって決められているので、国に認められている業者なら安心して利用できます。申し込む前に、法律に基づいて営業しているところなのか確認することも大事です。